日本の大型バス製造

国内外の大型バスメーカー

世界の大型バスメーカー

日本の大型バスメーカーとして、いすゞ自動車とトヨタ自動車の子会社である日野自動車、三菱自動車工業から分社した三菱ふそうトラックの3社が存在しますが、エンジンなどの動力系に関しては日野自動車とUDトラックス、三菱ふそうトラック、いすゞ自動車の4社が提供しています。特に昨年からブラジルリオオリンピックの特需もあり、生産が追いつかない状態にあります。その為、日本以外の低価格の海外製の需要も高まっています。海外の大型バスメーカーには、高級車で知られるメルセデスやイギリスのアレクサンダーデニス、韓国の現代など数多くあります。

危機的な日本の大型バスメーカー

大型バスメーカーは、トヨタ自動車や日産自動車が自家用車に路線をシフトした事やバブル経済の崩壊以降日本国内の市場の縮小などにより、国内にはいすゞ自動車と三菱ふそうトラック、日野自動車の3社のみしか存在しないのが現状です。その為、ドイツのメルセデスベンツや北欧のボルボ、ニュージーランドのデザインラインなどにシェアを奪われつつあります。又、世界の市場では、ヨーロッパ製やアメリカ製が多く日本製はほとんど走っていないのが現状であり、政府による支援が無い限り大型バスを製造する日本のメーカーは無くなってしまう可能性が高くなっています。

↑PAGE TOP